肥満で性欲減退しているならバイアグラで補おう

肥満を気にする男性肥満は単に見た目の問題だけでは無くて様々な病気の原因ともなるので注意が必要ですが、それだけでは無くて性欲減退してEDになる原因にもなるのです。
性欲というのは男性ホルモンが大きく関係していて、その男性ホルモンの一種であるテストステロンの量が肥満の人の場合は低下しているという研究もあるのです。
また、肥満がリスクを高める糖尿病や動脈硬化などもEDと関係があると言われていて、男性ホルモンの低下以外でも性欲が減退するリスクもあるのです。
そのような事を考えると肥満を解消するためにもダイエットをする事が大切ではあるのですが、改善する前にも性行為を行いたいという場合にバイアグラは役立ちます。
バイアグラは体内の酵素PDE5を阻害する作用があります。
PDE5というのは勃起のきっかけとなる血管を拡張するための物質を分解して勃起状態から元の状態に戻す役割があります。
その働きを阻害するという事は勃起状態を持続しやすくするのであり、バイアグラはEDに対して有効という訳です。
ただし、バイアグラを服用する場合には注意しなければ効果が落ちてしまう事があります。
肥満の人は基本的には標準体型の人よりも食事量が多いですが、その食事が効果を弱めてしまうのです。
食事の中に含まれている脂肪分が薬の成分の吸収を阻害してしまい、効果が著しく低下してしまう事もあるのです。
太っている人は脂肪分の多い食事を好んで食事量も多い傾向があるので、特に注意をした方が良いです。
ダイエットをするという意味でも食事を我慢するのも一つの手段ではありますが、食事を摂らないのはそれはそれで別の意味で不健康であり、場合によっては食事をしなければならないという事もあります。
食事をする場合に良いのは食事をする前に治療薬を服用し、しばらくして吸収されてから食事をするのが食事の影響を無くす意味では望ましいです。
それが出来ずに食後に服用する必要がある可能性もありますが、食後に服用する場合は出来る限り効果を落とさないように気をつける事が大事になります。
そのために出来る事を述べます。
まず、脂肪分が特によくないので、出来るだけ脂肪分の少ない食事を摂るようにする事です。
また、食事の量自体を減らす事も大切であり、日頃から量が多い場合は特に我慢が必要です。
それに加えて食後出来るだけ間を空けて食事の影響を減らす事も大事です。
これらを守るだけでも大分違いますが、逆に言えばこれらを守らないと効果が減少してしまうので出来る限り守るようにした方が良いです。

関連記事