バイアグラは医院への相談が必要

EDで困ったら医師に相談世界で初めて認可されたEDのための治療薬がバイアグラです。そのため、最も有名で歴史がある治療薬と言えます。今では他の治療薬も認可されていますが、初めてED治療を受ける人や、確実な効果を期待人におすすめです。そもそも、性的な刺激によってペニスに血液が集まることで勃起しますが、EDの場合は何らかの原因で血液が集まらなかったり、集まっても途中で勃起が途切れてしまうことで起こります。バイアグラは、海綿体に血液が流れやすくするするために、勃起を抑制する酵素を妨げることで勃起を促進しています。飲んでからはずっと勃起しているわけではなく、性的刺激によって勃起が起こるので日常生活の中で服用しても恥ずかしい思いをすることはありません。たまに、飲めばすぐに勃起が始まると勘違いしている人がいるので、注意が必要です。
バイアグラはもともと、狭心症の治療薬として開発が進められていました。治験に使った際に、EDへの効果があることが分かり、現在のように広く治療薬として使われるようになりました。持病や服用している薬があると、飲めない場合があることから、薬を手に入れるためには医院を受診しなければいけません。医師が診察をして、薬が飲める状態であると判断したときだけ処方されます。処方箋がなければ買うことができない薬なので、ドラッグストアなどで市販されていません。このとき、受診だけすればいいと、薬だけを希望する患者さんがいますが、医師への相談を欠かしてはいけません。医師は、受信した患者さんが治療薬を飲めるかどうかを診察しなければいけません。EDだから薬がもらえるわけではなく、全身状態によって治療の方法が変わってきます。このとき、バイアグラが欲しいからと言って、持病や他の服用している薬を隠してしまう患者さんがいますが、絶対にやめましょう。医師には正直に体の状態を伝えて、薬を飲んでいる場合は、お薬手帳などを持参すると安心です。
診察の結果、処方できなくても、他のED治療を試すことはできます。EDといえばバイアグラという先入観で動くのではなく、自分に合った治療法を見つけることが大切です。受診するのは恥ずかしいと考える人もいますが、日本人男性の4人に1人がEDであるというデーターもあります。恥ずかしがらずに正直に相談しましょう。中には、スタッフが全員男性の医院もありますので、自分が行きやすい医院を探して受診するという方法もあります。

関連記事